« 野良ナイズルまとめ | トップページ | 第よん死神奇兵団2 »

第よん死神奇兵団1

自己紹介をしてなかったので、現実逃避のついでにカキカキ。

第よん死神奇兵団とは・・・

そもそもは裏LSでの死神部隊なのである。

ただし死ぬのは自分達

削ること以外は一切考えていないため、オーバーへイトだろうが、なんのその。

ダメージを受ければTPが貯まる、たまに受け流しまで上がる。

止まらないのは涙だけではない。

*ただし、メンバーのトモジーザスはだまし討ちの」であるため外的要因でよくやられる。

仇マンバークの青色は裏世界でもよく目立つのである。

死神奇兵団は一部からは「生贄」とも呼ばれる。

これは根拠こそないものの、生贄効果によって死神たちの死が好ドロップを招くからである。

だからHPゲージがゼロになることをメンバーからも望まれている。

心なしか、ケアルも「遅め」がデフォルトのようだ。

ちなみに、死神のゲージがゼロになる度、リーダーを含むメンバーからは歓声が沸く。

白様からはレイズ3がMPのムダであると嫌われているかもしれない。

しかし、特にトモジーザスはレイズ3でも経験ロストが3000だか5000だかと、かさむらしく、レイズ3は必須なのである。

本Blogの著者Xは侍サポシのだまし討ちにより、昨今では被殺害回数をトモジーザスへとだましている

メンバー紹介1

「夢と現のハザマで踊る剣舞士」X(自己紹介)・・・命名者は某フレ

当時の恋人に浮気をされて、なぜかこの世界に迷い込んだ暗黒騎士。

ふと気がつけば、数年間。あまり成長はしていない。

メインの暗黒騎士はいつのまにか27で停滞し、最近忍者(75)のサポ用にミラテテパワーで37に。

しかし、仲間達からは致死率があがったし、リフレがめんどくさいと苦情しかこないため、結局使い道は無い

花粉症が酷いこともあり、度々引きこもろうと努力はするものの、若干多動性障害の傾向があるらしく、1日家にいるとそれだけでストレス満載になる。

(小学生の頃などは椅子に座っているのが苦手だった。)

とはいえ、リアルジョブでもボスから(非常に悪い意味で)目をつけられており、引きこもらなくてもストレス満載である。

ボスからの優しい言葉集(正しい文を載せると危険をはらむのでマイルドに脚色してあります。)

「お前の目は見えてても仕方が無いから他の人にあげなさい。」

「紛争地域にいって世の中の役に立ちなさい。(決して帰ってきてはいけない)」

などなど。

ドMと思われがちだが、当人としてはSな女王様をいじめたいと思っている。

現実では、Sの人には殴られるため、最近は裏LS等でセクハラに励む。

体調が悪いときなどシリアスなような場合もあるが、そういう状態で知り合った人にはこのBlogを知られたくないと思っている。

次回はトモジーザスを紹介予定。

|

« 野良ナイズルまとめ | トップページ | 第よん死神奇兵団2 »

第よん死神奇兵団」カテゴリの記事

コメント

書き終わって思ったけどエイプリルフールじゃん。
うそ書けばよかった;;

投稿: X | 2008年4月 1日 (火) 18時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019576/12087868

この記事へのトラックバック一覧です: 第よん死神奇兵団1:

« 野良ナイズルまとめ | トップページ | 第よん死神奇兵団2 »