« 第よん死神奇兵団1 | トップページ | 第よん死神奇兵団3 »

第よん死神奇兵団2

メンバー紹介2

デスブリンガー(氏の遣隋使)トモジーザス

(もちろんやられるのは自分自身)

彼の挨拶はいつも「UNKO」である。

これはUrban New Knock Out(イミフ)の略であるという説が有力であり、周囲の人間は非常に恐れている(何をだ?)。

彼はヴァナ妻帯者であり、ウィンダスモグハウスでの子作りを申し出る姿がよく見られる。

その都度、妻からは「氏んだら良い」「消えてしまえ」「かえれ」などと愛情に満ちた言葉を返され、見ているこちらも思わず赤面である。

裏での活動中ではメンバーからの愛情溢れる「だまし討ち」等を受ける人気者である。

これは「受け流しスキル」をあげやすくする手伝いであるという説や、リタリエーター発動の手助けであるという説が有力であり、してほかのアタッカーがタゲを固定して戦闘不能になるのを防いでいためではない。

削り能力としては群を抜くが、それが災いしてよく天を仰いで寝そべっている

育ち盛りである。

一説によればケアルでダメージを受ける可能性があるようで、たとえHPが残り少なくとも回復には熟考が必要とされる

習性としてメンバーの戦闘不能を喜ぶ傾向があり、昨今ではダンスを踊り、横たわるメンバーを踏みつけているが、自分が踏みつけられる回数の方が圧倒的に多いのは言うまでもない。

本Blog著者Xの戦闘不能を切望するメンバーの一人でもあるが、某青い湾刀を振り回すためにはサポ忍である必要があり、自身が騙し討ちされることはあっても、することはほとんどない

その他特筆すべき点としては悪さをしなくても頻繁に晒されるということだろうか。

かわいそうに。

次回は「恋心とともに地獄に舞い降りた踊り子サクヤン」を予定している。

(勝手に書いてるけど平気なのだろうか?まぁ、いいや。)

|

« 第よん死神奇兵団1 | トップページ | 第よん死神奇兵団3 »

第よん死神奇兵団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019576/12154257

この記事へのトラックバック一覧です: 第よん死神奇兵団2:

« 第よん死神奇兵団1 | トップページ | 第よん死神奇兵団3 »