第よん死神奇兵団

第よん死神奇兵団4

昼飯を食いながら更新する私。

メンバー紹介4?

新党よっぱらい党首兼組長

政治公約は「酒税撤廃」と叫ぶのは第よん死神奇兵団の守り神こと、組長である。

※ 組長はメンバー唯一のヒーラーであり、数少ない死神保護者である。

(多くのメンバーは死神達を犠牲にレリックを狙う。)

だがしかし、この我々の良心、組長はバリスタ・お酒の席で本領を発揮する。

バリスタでは・・・

赤魔で正真正銘の死神として恐れられる。

多種多様な魔法を駆使して戦場を駆け抜け、あまりの殺傷能力で晒されたことさえある。

以前、外国人の暗黒ガルカにトラウマがになるほど戦闘不能にし、今も彼は組長を見ると逃げ出すのである。

ちなみに私は組長と同じチームでなければバリスタはしたくない

お酒の席では・・・

今年のはじめ、飲み会を催したのだが、その酒の席で1名を戦闘不能に陥れたのが組長

私は慌ててレイズを試みたが、リアルで白魔法が使えるハズがない

どうする!?

私は止む無くスタンド、クレイジーダイヤモンド(*ジョジョの奇妙な冒険第4部参照)を使って回復を決意ッ!

一命は取り留めたもの、元には戻らなかった・・・。

*クレイジーダイヤモンドは機嫌が悪いと元通りには回復させない。

→この日彼(クレイジーダイヤモンド)は発現の際に、カラオケでオールする(しかし一切歌わず、飲み続ける)平均年齢3X歳の男だらけの集団に嫉妬し、不機嫌。

補足、私は第五部が好きだ。

次は誰を紹介すればいいんだ・・・?リクエストを募集します。

私の日記:

長かった青魔上げも終わり、めりぽまにあに復帰しました。

メリポでのひとコマ。

最近大きなお買い物をして金欠の私。

黙想よりマメにアイテムを整頓する私

そしてジャマな風クリを捨てる。このとき・・・

(ここで私の経験の話をしよう。

幼少の頃、弟に蹴られ。頭からガラスにつっこんだ私はガラスの破片がゆっくりと落ちていく光景を目にした。(そういえば、これは殺人未遂ではないのか?)

命の危機が迫ると、人の体感速度はスローモーになる。)

この日私は、風クリと間違えて捨てたクァールサンド(10個)がゆっくりとアイテムリストから姿を消すのを見つめた

今日も涙で、明日が見えない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

第よん死神奇兵団3

新生活に涙目。

今日は仕事場内の模様替えと、たまった課題を始める日。

そして、現実逃避をする私。

メンバー紹介3

恋心とともに地獄に舞い降りた踊り子

オプチ、胴→裸、種族手、サブリガ、種族足 で彼は舞う。

なぜオプチをかぶるのか

なぜオプチとサブリガの組み合わせが、こんなにも私の目を苦しめるのか

ある人は言う。

「私は全裸より、靴下だけの方が興奮する」(『幕張』より、奈良氏の名言)

その舞を見て人々はこう言うだろう。

「なぜこの男に踊りモーションを追加したんだ;;;;;」

この日、全米が泣いた。

タルタルのフレに近寄る踊り子。

彼は情熱的にサンバを、優雅にワルツを舞った。そして・・・

<踊り子>は<タルフレ>と恋に落ちた!(/emote)

タルフレ:そのまま地獄に落ちろ!(/say)

春の風に舞う踊り子。その美しき舞は見るに耐えない

彼(踊り子)へのQ&A

Q:以前、なぜ♂キャラでネカマプレイに励んでいたのか

A:♀キャラでネカマプレイしたらオナベじゃないか!

・・・なるほど、サッパリ意味不明。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第よん死神奇兵団2

メンバー紹介2

デスブリンガー(氏の遣隋使)トモジーザス

(もちろんやられるのは自分自身)

彼の挨拶はいつも「UNKO」である。

これはUrban New Knock Out(イミフ)の略であるという説が有力であり、周囲の人間は非常に恐れている(何をだ?)。

彼はヴァナ妻帯者であり、ウィンダスモグハウスでの子作りを申し出る姿がよく見られる。

その都度、妻からは「氏んだら良い」「消えてしまえ」「かえれ」などと愛情に満ちた言葉を返され、見ているこちらも思わず赤面である。

裏での活動中ではメンバーからの愛情溢れる「だまし討ち」等を受ける人気者である。

これは「受け流しスキル」をあげやすくする手伝いであるという説や、リタリエーター発動の手助けであるという説が有力であり、してほかのアタッカーがタゲを固定して戦闘不能になるのを防いでいためではない。

削り能力としては群を抜くが、それが災いしてよく天を仰いで寝そべっている

育ち盛りである。

一説によればケアルでダメージを受ける可能性があるようで、たとえHPが残り少なくとも回復には熟考が必要とされる

習性としてメンバーの戦闘不能を喜ぶ傾向があり、昨今ではダンスを踊り、横たわるメンバーを踏みつけているが、自分が踏みつけられる回数の方が圧倒的に多いのは言うまでもない。

本Blog著者Xの戦闘不能を切望するメンバーの一人でもあるが、某青い湾刀を振り回すためにはサポ忍である必要があり、自身が騙し討ちされることはあっても、することはほとんどない

その他特筆すべき点としては悪さをしなくても頻繁に晒されるということだろうか。

かわいそうに。

次回は「恋心とともに地獄に舞い降りた踊り子サクヤン」を予定している。

(勝手に書いてるけど平気なのだろうか?まぁ、いいや。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第よん死神奇兵団1

自己紹介をしてなかったので、現実逃避のついでにカキカキ。

第よん死神奇兵団とは・・・

そもそもは裏LSでの死神部隊なのである。

ただし死ぬのは自分達

削ること以外は一切考えていないため、オーバーへイトだろうが、なんのその。

ダメージを受ければTPが貯まる、たまに受け流しまで上がる。

止まらないのは涙だけではない。

*ただし、メンバーのトモジーザスはだまし討ちの」であるため外的要因でよくやられる。

仇マンバークの青色は裏世界でもよく目立つのである。

死神奇兵団は一部からは「生贄」とも呼ばれる。

これは根拠こそないものの、生贄効果によって死神たちの死が好ドロップを招くからである。

だからHPゲージがゼロになることをメンバーからも望まれている。

心なしか、ケアルも「遅め」がデフォルトのようだ。

ちなみに、死神のゲージがゼロになる度、リーダーを含むメンバーからは歓声が沸く。

白様からはレイズ3がMPのムダであると嫌われているかもしれない。

しかし、特にトモジーザスはレイズ3でも経験ロストが3000だか5000だかと、かさむらしく、レイズ3は必須なのである。

本Blogの著者Xは侍サポシのだまし討ちにより、昨今では被殺害回数をトモジーザスへとだましている

メンバー紹介1

「夢と現のハザマで踊る剣舞士」X(自己紹介)・・・命名者は某フレ

当時の恋人に浮気をされて、なぜかこの世界に迷い込んだ暗黒騎士。

ふと気がつけば、数年間。あまり成長はしていない。

メインの暗黒騎士はいつのまにか27で停滞し、最近忍者(75)のサポ用にミラテテパワーで37に。

しかし、仲間達からは致死率があがったし、リフレがめんどくさいと苦情しかこないため、結局使い道は無い

花粉症が酷いこともあり、度々引きこもろうと努力はするものの、若干多動性障害の傾向があるらしく、1日家にいるとそれだけでストレス満載になる。

(小学生の頃などは椅子に座っているのが苦手だった。)

とはいえ、リアルジョブでもボスから(非常に悪い意味で)目をつけられており、引きこもらなくてもストレス満載である。

ボスからの優しい言葉集(正しい文を載せると危険をはらむのでマイルドに脚色してあります。)

「お前の目は見えてても仕方が無いから他の人にあげなさい。」

「紛争地域にいって世の中の役に立ちなさい。(決して帰ってきてはいけない)」

などなど。

ドMと思われがちだが、当人としてはSな女王様をいじめたいと思っている。

現実では、Sの人には殴られるため、最近は裏LS等でセクハラに励む。

体調が悪いときなどシリアスなような場合もあるが、そういう状態で知り合った人にはこのBlogを知られたくないと思っている。

次回はトモジーザスを紹介予定。

| | コメント (1) | トラックバック (0)